弥惣峠、坂の貝峠、無名峠、繰石峠、七曲峠

5/28、kannaさんと宮城県北東部の五つの峠をサイクリングしてきました。





RIMG1802.jpg宮城県登米市東和町の道の駅林林館に車をデポし走り出しました。最初の弥惣峠はダートです。




RIMG1804.jpg
RIMG1803.jpgさほど荒れているわけではなく走りやすい道でした。




RIMG1806.jpg峠を下ると棚田がありました。




RIMG1808.jpg石の平集落までの間に激坂がありました。




RIMG1809.jpg
RIMG1810.jpg石の平の巨石は割愛し、坂の貝峠にかかりました。峠の東屋で一服し太平洋を遠望しました。




RIMG1812.jpg下って払川集落から馬籠集落への無名の峠道は良い道でした。




RIMG1813.jpg峠を越えると気仙沼市本吉町です。




RIMG1816.jpg
RIMG1817.jpg馬籠から繰石峠に向かっていくと岩手県一関市藤沢町大籠に出ます。当地にはキリシタン弾圧、殉教の歴史が色濃く残っています。




RIMG1820.jpg
RIMG1823.jpg大籠キリシタン殉教公園で史料館を見学した後に昼食をとりました。




RIMG1824.jpgダラダラとした繰石峠には立派な石碑がありました。




RIMG1826.jpg五つ目の七曲峠を上りますが、さすがに疲労感がありました。




RIMG1827.jpg米川集落まで下った後は国道を避け、道の駅林林館に向かいます。




RIMG1828.jpg本日も最後はソフトクリームです。
















スポンサーサイト



ワイヤーまとめ買い

前記事のオーストリッチと同じようにVIVAもありがたい存在です。マファックカンチブレーキ用のアーチワイヤーやサンプレックス用のシフトワイヤーを販売しています。いつ販売を停止してもおかしくないのでストックすることにしました。それにしても、マファックもサンプレックスも会社がなくなって久しいのに、未だに消耗品が入手できるというのは愛好者が多いということでしょうか。

202105250054554da.jpeg
2021052500553456d.jpeg

フロントバッグを新調

最近フロントバッグを新調しました。オーストリッチの帆布製のものを選びました。コストパフォーマンスに優れ、クラッシックなラ
ンドナーとの相性が良いと思われます。





202105250003563ff.jpeg

20210525001044fa4.jpeg

20210525001204a97.jpeg
こういう製品を何十年も供給し続けるメーカーさんはありがたいです。今時の需要を考えると採算ベースに乗るのかと心配してしまいますが、在庫もありすぐに入手できました。応援の意味でリピート注文したい所ですが、なにせ長持ちしそうなので、次にフロントバッグを新調する機会がいつになることやらです。もしかしたら私にとっては最後のフロントバッグになるかもしれません。





20210525002652e43.jpeg
20210525002728156.jpeg
早速取り付けてみました。ナイロン製の軽量フロントバッグに比べると、やや重たい感じは否めないですが丈夫そうです。

七北田ダム周回サイクリング

5/20の記録です。日中いっぱいは晴れるというのでサイクリングに行きました。行先は仙台市泉区の七北田ダムです。地図を見ると七北田ダムを周回するように道があります。どんな道なのか走りたくなりました。七北田ダムは近場なので通過するばかりで、じっくりと走ったことがありません。




DSC00701.jpg
DSC00702.jpg出発からほどなく奥州山道に立ち寄りました。当ブログで度々記事に登場しますが、泉区上谷刈地域の歴史を紐解く重要な史跡と考えます。




DSC00704.jpg奥州山道のすぐそばにある長命館。発掘調査で鎌倉時代中期以降の山城とされていますが、藤原国衡の居城の伝承が100%否定されるものなのか興味があります。鎌倉時代中期以降に長命氏が城主であったとしても、平安末期には奥州藤原氏の支配下にあったと考えてはいけないのでしょうか。むしろそう考えた方が自然に思うのですが、こういう考えは歴史的な妄想として片付けられるのでしょう。




DSC00705.jpgコースには沢山の石碑がありますが馬頭観音の石碑が多く感じられます。なかには昭和後期のものがあり現代でも地域住民に信仰されているようです。




DSC00706.jpg沿道の田植えはほぼ終わった様子です。




DSC00709.jpg激坂を上って七北田ダム公園に到着しました。ベンチに腰掛けて大休止です。




DSC00710.jpg泉ボタニカルガーデンを横切るように道がありすぐにダートとなります。道路標識は林道となっていました。




DSC00711.jpgDSC00712.jpgドンドン突き進んでいくと水の流れる音がする所に着きました。スマホで現在地を確認するとすだれの滝でした。静寂な森の中に響く滝の音を独り占めしました。




DSC00713.jpg自然を独り占めするというのは言葉を変えれば孤独です。少し心細さを感じます。野生動物が怖いのです。そういう弱気な心でいると、よく分からない動物に遭遇しました。狸より大きいかな?熊でなくて良かった。視界が開けるとダートが終わりました。




DSC00714.jpg舗装路を下って七北田ダムに戻ってきました。











SCCクラブラン丸森桜街道

5/15、SCC(仙台サイクリングクラブ)のクラブランに参加しました。
参加者11名で新緑の宮城県丸森町方面を走りました。




DSC00684.jpg丸森町役場を出発です。天気は上々です。




DSC00685.jpg国道349号線を阿武隈川沿いに走ります。




DSC00686.jpg羽出庭大橋を渡り国道349号から外れ、阿武隈川右岸を走ります。




DSC00687.jpg11名参加なので長い列になります。




DSC00688.jpg阿武隈急行兜駅をくぐると桜街道です。




DSC00690.jpgダートを上っていきます。




DSC00692.jpg結構上りました。梁川町方向の見晴らし。




DSC00693.jpg舗装路の有難さを感じながら走ります。




DSC00694.jpg羽出庭集会所で昼食をとりました。




DSC00695.jpg樹齢400年と言われる笠松です。




DSC00697.jpg笠松を背に段田原峠へ向かいます。




DSC00700.jpg段田原峠を越えて一休みの後、一気に下って丸森町役場に戻りました。
7丁目のアルプスさんのブログはもっと詳しくて面白いレポートになってますので、是非ともご覧ください。


















プロフィール

タカ

Author:タカ
12歳からサイクリングを始め、15歳でケルビムスーパーツーリングのセミオーダー車を入手し、東北地方を中心に駆け巡る青春時代を過ごす。
ボロボロで汚れた古い自転車を乗り回し、綺麗なことは気にかけず、自らを「バンカラサイクリスト」と称する変わり者である。

月別アーカイブ

アクセス数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR